PCバックアップ環境構築

GPD-WIN2も含めてWindowsPCがいくつかあるのですが、少し前に「バックアップと復元(Windows 7)」でリストアできなくなったことがあり、サードパーティー製のバックアップソフトを使ってしのいでいました。
しかし、それぞれ外付けドライブを用意するのが大変とか、差分バックアップできないので時間がかかるとか、色々問題がありました。
「Windows Home Server」があれば良さそうなのですが、もうサポートされていないようです。
もう少し調べたらWindows Serverの役割として「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」を導入すれば良さそうだということがわかったので、やってみることにしました。

サーバーPCの準備

サーバPCは先日動画再生機とした、Thinkpad X240にしました。(サーバと動画再生機の兼用にします。)
起動ドライブはインテルSSDはやめて、GPD-WIN2に付属していたSANDISKのM2.SSD(SD8SMAT128G1122)にし、クライアントPCバックアップ用のデータドライブとして容量を確保したかったので、2.5inchSATAには以前使っていた 日立 HGST 2.5inch 5400rpm 750GB HTS547575A9E384 を入れました。

サーバOSを導入

ちょっと古いですが、Windows Server 2012 R2を導入します。(たまたまライセンスを持っている)
OSはすんなり入りましたが不明なデバイスが多い状況。

デバイスマネージャ

Lenovoシステムアップデート をインストールして更新をかければ、概ね解消されました。ついでにBIOSも更新されました。

システムアップデート
アップデート中

Wifiもつかえるようにするため、機能を追加。
audioを有効にするためにはサービスを起動する必要があるようです。

Audioのサービスを起動

Windows Server Essentialsエクスペリエンスを追加

役割を選択したあと「構成」を実行します。

Windows Server Essentialsエクスペリエンスを追加
構成

その後多くの更新プログラムを導入することになります。

やたらと多い更新


これをやらないと、クライアントPC(Windows10)側でコネクターのインストール時に予期しないエラーが発生するようです。この更新には数時間かかりました

クライアントPCにクライアントコネクターを導入

各クライアントPCはドメインに参加しないことにしたので、このあたり を参考に、レジストリ調整します。いくつか制限はあるようですが、バックアップしたいだけなので問題なさそうです。
ただ、Homeエディションではだめなようで、一部Proにアップグレードしました。
クライアントPC側で「 http://サーバー名/connect 」にアクセスして、コネクタをダウンロードし、

コネクタダウンロード

インストールします。
インストール後、DNSが今回導入したサーバのアドレスのみになるので、ルーターのアドレスも追加しておきます。これをやっておかないと、サーバーが起動していないときに、クライアントPCがインターネットに接続できなくなります。

サーバーのウイルス・スパイウェア対策

念のため、サーバに ESET File Security を導入しておきました。
ダウンロードできるマニュアルの推奨にしたがって、メール関連など不要な機能はオフにしておきました。
クライアントPCのバックアップ後に、早速あやしいファイルに対する指摘がありました。

その他

バックアップだけのサーバーなので、ある時間帯以外は休止状態にしますが、
元がノートPCだからか、タスクスケジューラで問題なく設定できました。
Kodiもインストールしましたので、動画再生機としても利用していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください