PCバックアップ環境構築2

サーバ自体のバックアップも行います。

外付けドライブを用意

外付けUSBドライブの中身は、以前起動ドライブにしていた Intel SSD 535 Series にしました。
64GBのUSBメモリや200GBのSDカードは使えませんでした。容量不足のせいかもしれません。

各種設定

「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」のウィザードに従って設定します。

バックアップ先として使えるドライブがあれば表示されます。
スケジュールの設定や
バックアップする項目も選択できました。

設定完了

動作中

バックアップ先として使えるドライブが用意できれば、特に問題なくバックアップできるようです。

その他調整

Thinkpad X240は休止と復帰を繰り返して運用していますが、外付けUSBドライブを接続すると、休止をしてもすぐに復帰するようになってしまいました。
電源供給側のUSB(Always-On USB 3.0 コネクター)に接続することで、上記の問題も解消できました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください